2000年山名ゼミ 年間行事


テーマ:代社会の計量分析と景気・相場の予測
演習概要:現代の経済の抱える実際の問題に関心を持つとともに、経済理論と、計量経済分析の基礎を学ぶ。とりわけ、 回帰分析と位相図分析さらには既成の理論では当てはまらないカオス的現象の解明について理解を深め、 予測の知識と分析用具を身につけることによって経済学を理解していく。(シラバスより抜粋)

1月
ゼミの皆と初の顔合わせ
2月
「ウォール街のランダムウォーカー」という本を読んで、感想文を提出。本の内容は、株の仕組みや株の賢い投資の仕方などが書いてあり、ちょっと分厚いけどなかなか面白い。皆でお金を出し合って、株を買おうか!?と先生が呼びかけているがどうなるかは謎だ。
4月
授業が始まる。前期集中授業のため、月曜日の4限と5限に集中して授業が行われる。
エクセレントな経済学小テスト
微分・積分をまず勉強!理数系の子は、とても簡単に解いていたが私を含めた文系の子には、ついていくのが大変。(でも高校生の復習レベルらしい、、、。)
5月
微分・積分を踏まえて、実際にMathematicaのソフトを使い微分方程式の解曲線を描く。
中国へのゼミ旅行に向けて、下調べ。
中国のマスコミ、生活、歴史、企業、上海、重慶、金融、大学等いくつかのグループに分かれて、パワーポイントを使ってプレゼン!!
6月
ゼミのホームページを幾つかのグループで作成し、発表。
中国語のお勉強。
7月
テスト期間に突入!!
9月
秋学期からはなんとC棟が使えなく・・・仕方なく教室で勉強。
経済学と理論思考の必要性というものを学ぶ。
ゼミ旅行をどうするかという話しが少しずつでてくる。
9月
調査旅行!上海と重慶を主に訪れる予定。日程は9月10日~15日

milk_btn_pagetop.png